第3回 ~BMWはどこで買うのか?~

なにいってんだこいつ。

そんなのディーラーか中古屋しかないだろう、と突っ込まれてしまいそうですが。

コンサル風に「ディーラー」と「中古屋」を因数分解してみましょう。

ちなみにコンサルに言わせると記事の文字数は2000文字以上、推奨らしいのですが、そこまで長文ではありません。

ディーラー ~来店は気負わずに~

実は「街の車屋さん」

その名の通り、メーカーの車を販売する会社です。つまり、メーカーから車を仕入れて客に販売するわけですね。BMWの場合は日本法人であるBMWジャパンの直営店は東京、大阪の2店舗であり、その他のディーラーは町の車屋さんです。ベンツで例えると「YANASE」と「シュテルン」ですね。

BMWをとりあつかうディーラーにはそこまでのブランドイメージがある車屋さんはないので、、BMW+地名の店舗がほとんです。中国地方の○○○○や近畿の○-○○○○のように販社名を推しているところもありますが。正直あまり良いイメージではないのでやはりBMW+地名で売るしかないでしょう。

ここもベンツにかなわないところだと思います。

そんなわけなので、あまり気負わずにいきましょう。

ちなみに昔、兵庫県には「○○モータース」という最低のディーラーがありましたが、最低すぎて田舎の修理工場を発祥とする会社に乗っ取られてしまいました。

メデタシメデタシ。

中古屋

認定中古

近年、顧客の繋ぎ留めのためには買い取り価格を維持しなければならなくなったこと。

得体のしれない車屋で自社の車が状態に応じた適切な整備がなされず、トラブルを起こし「○○○」は壊れる、といったネガティブを避けるために存在するのが、「認定中古車」とそれを販売する「認定中古車センター」です。

町の中古屋と違って保証期間内であればかなりの範囲を無料で修理してくれるので、中古を狙うならこれしかないでしょう。

NG

ちなみに、知り合いに車屋がいる、詳しい人がいるから、などという理由で認定中古以外を選ぶのは絶対にNGです。車を整備することは商売なので家族でもない限り、あなたのことなど優先しません。なんにせよ相応の「お金」と「時間」がかかります。

ガリバー

BMWの販社を買収しているので、ここはいろいろ期待できる。

新車を買うなら

当たりまえですが、正規ディーラーとなります。

しかしBMWの場合、販社がほぼ地域に一社のため、それを選ぶことができない上に、BMW直営店の対応も今一つでトホホですが。

とにかく、「あぶく銭」で買うイメージですね。マニアックな作りの車なのに、売る側は金持ちの側ばかりむいていという。商売としては当然ですが。リセールもひどいので買うときはよく吟味しましょう。

ただし、何台も乗り継いで思ったことは、特に日産の営業が最低すぎましたが、メカニックはとても親切でした。このメカニックの親切さ、親身さはどのメーカーでも共通なようです。工賃はかかりますが。

なので、BMWの「走り」、(まちがっても街中でオラつくのではない)を期待する人はそこが救いかと思います。また、ディーラーとは別に「主治医」のような人は見つけておくと、セカンドオピニオンを得ることができるのでとても安心です。

中古を買うなら

これは認定中古一択。とにかくディーラーで買っていればなにかと融通が利く。これに尽きる。ただし、買い取り大手の「ガリバー」はBMWの販社を子会社化しており、整備のノウハウが確立しているかもしれない?のでガリバーで買うのは「アリ」かも。認定中古同等の補償内容、整備のクオリティが期待できるかもしれません。(確認していないので、利用する際はよく確認してください)

べつに私はガリバーの回し者でもなんでもありませんが、とにかく中古車の「ディーラー保障」にはずいぶんと助けられているのです。「エンジンマウント交換タダ」みたいな。