第4回 ~BMW X2 試乗記 いい車、例えば「針のG-SHOCK」~ けどやっぱりMスポーツは乗り心地が悪い・・・

さて、所有する4のクーペが車検となったので、代車でBMW X2を借りて走ってみたので、インプレを。

今回は長いのでいきなり結論

BMW X2はかなりいい。この上質で贅沢な道具感はなかなかない。

お金に余裕のある20代にパートナーとサラッと長く乗ってほしい。

ただし、Msports(Mスポーツは乗り心地が悪いのでダメ)

イメージするなら、カローラスポーツのCM。

無理をして買う車ではない。見た目にわかりやすい部分のクオリティに疑問符がつくので、相対的に「高価」と感じるかもしれない。しかし、いい「道具」感にあふれている。

BMW X2オススメポイント3つ

1 そこそこの価格

ベースグレードのX2 18i sDrive であれば年末の決算期を狙えば450万位で乗り出せるのはないか?

2 取り回しのしやすさ

幅は1825mmでやや気を使うが全長は4375mmであることと、比較的高めのアイポイントで取り回しは容易。

3 駆動方式と運転支援装置での長距離移動の容易さ

FFならではの直進安定性とACCで長距離も楽にこなせそう。

BMW X2は上質なスポーツギアといった趣。上質な道具感が堪らない。

例えば「針のG-SHOCK」

高いG-SHOCKのプレミアムを受け入れることが出来る人向け。

シートやハンドルなど手に触れる部分、体で感じる部分の質「感」が高い。高価なマテリアルを使用しているのではなく。走りのしっかり感もあって、「なんかいいな」「欲しいなこれ」と思わせる車。

しかし、Mスポーツ(Msports)Mスポはだめ。わかりきっていることですが、とにかく硬い。乗り心地が悪い。3年も5年も乗る車じゃない。何台かあるうちの1台で瞬間芸的に使用するならいいかもしれませんが。

よってBMW X2はベースグレードが最適。

昔から欧州車に言われていたことですが、しかし過去の欧州車のベースグレートは明らかにエンジンが非力なものが多く、「言い訳」が必要なクルマも多かったのですが、これはそんなことはありません。

見栄え品質は・・・

まともなパートナーなら十分に許容してくれる範囲です。さすがに同価格帯のベンツやアウディには「やや」おとりますが。けど、全体としていいもの「感」はあるので大丈夫。

BMW X2試乗編

グレード

BMW X2 sDrive 18i MsportsXというグレードで下から2番目です。(ディスっているわけではありません。)

 

エンジンは1.5リッター 3気筒直噴ターボ

140馬力/4,600rpm 22.4kgm/1480-4200rpm

トランスミッション(変速機)は7速DCT

Mスポサスでタイヤは19インチ。ただし、225幅に対して45扁平なので常識的な分厚さです。

乗り心地 95点 ただし、Mスポーツ(Msports)なら65点

結論

ベースグレードがシアワセ。

コンパクトな車体にネコ科の骨格と足回りで極上の普段使いの「ギア」「ツール」となりうる。ドライブ先の波打ったアスファルトに身構えることもない。快適この上ない。

試乗車はMスポーツなので当然悪い。90年台の走り屋の車のごとし。ただ、足回りや内装からガチャガチャと低級音がしないので(マンホールのふちがへこんだところ等を通過すると、ガチャンといいますが)、そこは短期間の所有なら楽しいかもしれない。

そしてなぜかロードノイズがとても響き、こもる。タイヤの銘柄は良心的なのに・・・

Mスポーツ(Msports)の悪い乗り心地を選ぶなら割り切りが必要。

一般道

ベースグレードならネコ科の動きで日本の舗装路の上で不愉快な思いをすることはまずない。

対して、Mスポーツ(Msports)は乗り心地が悪い。ユサユサ、コツンコツン。荒れたアスファルトだとロードノイズがでる。路面のギャップを拾う。しかし、絶対的にストロークが長い、地面から離れているという恩恵を感じることはある。段差等の衝撃がおしりから遠いところにある。

よってベースグレードが素晴らしい。

高速

FFなので「真っ直ぐ」走る。これは楽。しかしロードノイズが気になる。Mスポーツ(Msports)なので跳ねる。ヒョコヒョコとピッチがでる。Mスポーツはやめておこう。

ちなみにバネがやわらかいこととピッチ(上下動)は関係ない。これはアブソーバーの問題。

室内設計

最近のBMWにしてはペダル配置が悪い。アクセルペダルがやや左にオフセットしている上にペダルのすぐ右側がホイールハウスで右足がややしんどい。購入予定の方は要チェック。両足を自然に前に投げ出した時にアクセルとフットレストにそれが乗るか、そしてその両サイドのスペースは?せっかくのオルガン式ペダルも台無し。

筆者のように脚が付け根から離れている人は注意。

クオリティ

静的質感 70点

同じ価格のレクサスやアウディ、ベンツには絶対にかなわない。しかし、道具感はよい。素材が高級なわけではないが。乗車時に「チープ」な感じがしない。ただし、idrive周りのスイッチの節度がない。反力がカチカチ。見た目は同じでも車種によって異なるのか?

内装

夜はアンビエントライトの助けがあるが、昼間はサンバイザーがカチカチのプラスチックなど国産Cセグにも劣る部分がある。良く目につく部分はやわらかいプラスチックにステッチが入るなどおさえてはいるが。

運転席、助手席に収まると、「Not so bad」

 

外装

パネルの隙間がでかすぎ。でかすぎてゴムのモールが埋めてある。(ウェザーストリップではない)。

かと思えば、ヘッドライトの化粧版がアルミっぽい素材でヘアライン加工されていたりして、マテリアル好きにはたまらない。まあBMW。

オーディオ 60点

これはBMW全般に「ダメ」。特に純正は「スカスカ」で再現できるヘルツが少ないのではないかと思ってしまう。スピーカーも少ないし。年次改良で良いスピーカーが標準になるかな?

動的質感 90点 ただし、Mスポーツなら65点

これぞBMWだ。けどMスポ足で台無し。Msports(Mスポーツ)、乗り心地悪いよ。

エンジン

ガソリンだが直噴3気筒。振動はないがやはり「3気筒」らしい音がでる。特にアイドリング時の車外。ディーゼルほどでないにせよ、夜の閑静な住宅街では気を遣いそう。え?アイドリングストップ?3年で手放すならどうぞ。

1.5リッターだがターボなので力感は十分。上りこう配が10パーセントを超えても余裕で上る。上を見ればきりがない。

シルキーシックス?そんなことをいうのはキ○オタ認定だからやめておけ。

トランスミッション(変速機)

DCT(ツインクラッチ)

このクラスってアウディもベンツもDCTですよね。なぜだ?

2010年までに比べると日本の交通事情(オレンジの渋滞、ストップアンドゴー)にも柔軟に対処できるようですが、やはり低速時の「引っかかり感」「ギクシャク」は解消しきれていません。また、都市高速の下りでの4速から3速へのシフトダウンも下のギアの許容回転域を超えているわけでもないのに、変速そのものは素早く行われますが、クラッチがつながるのにややタイムラグがあります。トルコンAT希望。

ハンドリング

乗り心地を犠牲にするMスポーツ(Msports)だけあって、クイック。驚きのコーナリング、ぐいぐい曲がる。しかし、曲がりすぎないようにするためかハンドル操作量に対して感覚的に舵角が不足する。

ま、交差点等ではしっかりスピードを落とせということですか。ワインディングでも回り込むようなカーブではクイックなノーズの入りの割にはハンドルの操作量が大きい。

ベースグレードなら比較的マイルド。

積載

だってデートカーでしょう?モテ車でしょう?

2人で乗るのが前提だろうから後部座席を利用すればなんだって積めます。写真のかばんは一般的な仕事カバン

大人4人が快適?そんなのDセグでもほとんどありません。

代車を返却して

今回BMW X2のsDrive 18i MsportsXを試乗してやはりこれが日本のBMWと思えるものでした。

つまり、いつまでたってもスポーティ=硬い脚とクイックなノーズの入り。ベンツという絶対的なプレミアムが存在する限り、わかりやすい「売り」が必要なことはわかりますが。乗り心地の悪いMスポーツ(Msports)に頼らざるを得ないBMWジャパンは残念。

とにかくBMW X2を買うなら乗り心地の悪いMスポーツ(Msports)以外。

しかし、短期間の試乗ではこの塊感と乗り心地の悪いMスポーツ(Msports)の脚が妙にマッチしているとも思えたり・・・・

Mスポーツ(Msports)てなんだ

1990年台後半からBMWが他のドイツ車との差別化のためか積極的に押し出しているグレードです。別の記事でも書いていますが、大きなホイールと硬い足回りを与えられた乗り心地の悪いBMWで、筆者がこのグレードをけなすのはこれがBMWと思われては困るからです。

※タイヤの外径は変えることができないので、タイヤの内側にあるホイールが大きくなると、タイヤが薄く(空気の量が減り)、また、タイヤをつぶれにくくするために硬くなり乗り心地が悪くなる。

ディーラーと車種選択とグチ

さて、筆者がお世話になっているディーラーは親会社が変わってまだあまり期間がたっておりませんが、新しい会社の印象はあまり良いものではありません。(あくまでも会社、働く人は好印象)

というのも、前年の1年点検の際に電話で代車のて手配をしたところ、希望の車種を聞かれ、1から3どれでも良いというので、2と伝えたら2のアクティブツアラーがでてきました。クーペ乗ってる人間にこれを出すか・・・・・

2のクーペじゃないの?おまけに返すときはガソリン満タン、そして車内にその旨テプラーででかでかと掲示、で、さんさんなありさまでした。

今回は1、3,5、とさらに新しいx2を提示していただき、おまけにガソリン満タンで返せとも言われなかったので、事業所として収支のバランスがとれたのかなと、ひと安心。もちろんガソリンは言われずとも満タンでお返しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です